東海大の名取が札幌マラソン優勝。絶好調男が全日本駅伝のキーマンだ

東海大の名取が札幌マラソン優勝。絶好調男が全日本駅伝のキーマンだ

東海大の名取が札幌マラソン優勝。絶好調男が全日本駅伝のキーマンだの画像

東海大・駅伝戦記 第66回
前回の記事はこちら>>
 出雲駅伝は4位という結果に終わった東海大。だからこそ、次の全日本大学駅伝でタイトルを勝ち取り、その勢いのまま箱根駅伝につなげていきたいところだ。

 全日本大学駅伝は、全8区間(106.8キロ)で行なわれる。昨年、1区から7区までの区間距離が変更になり、とくに7区は従来の11.9キロから17.6キロと伸びた。その結果、7区と8区(19.7キロ)がロング区間になった。

 昨年、東海大は2区から6区までトップを維持していたが、7区で青学大のエース・森田歩希(ほまれ/当時4年)に逆転され、2位に終わった。そのレース展開から、あらためてロング区間である7区、8区の重要性が明確になった。レース後、東海大の両角速(もろずみ・はやし)監督は「うちはロングに弱い」と苦い表情を浮かべたが、今年はその区間に人材が揃い、期待が持てそうだ。


札幌マラソン(ハーフ)で大会記録を更新する62分44秒で優勝した名取燎太

 そのひとりが名取燎太(3年)である。

 名取は、長野・佐久長聖高校から大きな期待を背負って入学した選手だった。しかし、入学前の3月に疲労骨折が判明し、復帰するまでに4カ月を要した。7月にホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会でレースに復帰し、夏合宿から本格的に走れる状態になった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)