わずか3年で戦力外となった、元DeNA山本武白志が追うビッグマネー

わずか3年で戦力外となった、元DeNA山本武白志が追うビッグマネー

わずか3年で戦力外となった、元DeNA山本武白志が追うビッグマネーの画像

九州国際大学付属高校の主砲として甲子園に2度出場。3年夏に2打席連続ホームランを放った山本武白志(むさし)のことをどれだけの人が記憶に留めているだろうか。オールドファンには、1970年代から1980年代にかけて読売ジャイアンツ、ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)でプレーした「山本功児の息子」と言ったほうがわかりやすいかもしれない。

 2015年ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから育成2位指名を受けた山本は2018年限りで戦力外になり、プロ野球から姿を消した。高校通算34ホームランを放ったスラッガーのいま――。

* * *

 父親はプロ野球の読売ジャイアンツなどで活躍した好打者にしてロッテの元監督、息子の山本武百志も高校時代に2度甲子園に出場した野球エリート。188センチの恵まれた体格を誇り、将来、「ハマの主砲」になることを期待された。


2015年のドラフトでDeNAから育成2位指名を受けた山本

 1998年2月生まれの山本は父の現役時代を知らない。覚えているのは、監督を務めた千葉ロッテマリーンズ時代と、その後コーチを務めたジャイアンツでのユニフォーム姿だった。

「高校に入るときには『プロ野球選手になる』という思いが強くなっていました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)