エディー語録はピリッと辛口。でも、その内容はウィットに富んでいる

エディー語録はピリッと辛口。でも、その内容はウィットに富んでいる

エディー語録はピリッと辛口。でも、その内容はウィットに富んでいるの画像

11月2日、横浜国際総合競技場にてラグビーワールドカップ決勝戦が行なわれる。

 最後の舞台に駒を進めたのは、イングランド代表(世界ランキング1位)と南アフリカ代表(同2位)。16年ぶりにイングランド代表を決勝まで導いたのは、2015年大会で日本代表を率いて「ブライトンの奇跡」を起こしたエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)である。


エディー・ジョーンズHCの発言にはいつも注目が集まる

 前回大会、イングランド代表は予選プールで敗退し、ホスト国ながら初めて決勝トーナメント進出を逃すチームとなってしまった。当時、日本代表を率いていたジョーンズHCは、「イングランド代表はルーキーのコーチを選んでしまった」と発言し、大いに話題を呼んだ。

 そんな屈辱を味わった「ラグビーの母国」に2016年、イングランド代表初の外国人指導者としてジョーンズHCが就任する。ジョーンズHCは就任会見で、「イングランドは2019年のワールドカップで優勝します!」と宣言。さらには初陣の時にも、「ワールドクラスの選手はひとりもいない。でも、4年で選手たちはワールドクラスになります!」と言い放つなど、いきなりメディアを驚かせた。

 だが、その言葉は有言実行になりつつある。準決勝で3連覇のかかった「オールブラックス」ニュージーランド代表を19−7で破り、決勝へと駒を進めたのだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)