昨季の王者、川崎のボール支配率が低下した要因はサイドにあり

昨季の王者、川崎のボール支配率が低下した要因はサイドにあり

昨季の王者、川崎のボール支配率が低下した要因はサイドにありの画像

J1リーグ第29節。勝ち点47で並ぶサンフレッチェ広島とホーム等々力で対戦した川崎フロンターレは、後半39分、マギーニョの決勝ゴールで勝利を飾り、勝ち点を50に伸ばした。しかし、上位3チームがすべて勝利したため、結果的にその差は詰まらずに終わった(鹿島アントラーズ/勝ち点57、FC東京/57、横浜F・マリノス/56)。残り4試合。川崎がこの3チームをまとめて抜き去ることは難しい状況だ。3連覇は絶望的な状況になったと言えるだろう。

 広島戦の話をすれば、勝つには勝ったが、サッカーは低調だった。


サンフレッチェ広島戦で決勝ゴールを決めたマギーニョ(川崎フロンターレ)

 滑り出しはよかった。20分、田中碧のミドルシュートで先制したあたりまでは、試合を優勢に進めることができた。だが、時間の経過とともに広島にペースを握られることになった。際どいチャンスの数でも断然上回られた。そして後半36分、小柄なマギーニョがヘディングを後方に逸らすと、それを交代で入ったFWレアンドロ・ペレイラに拾われ、同点ゴールを許してしまう。

 このまま終われば、首位鹿島とは9ポイント差、3位横浜との差も8ポイント差に広がる。ほぼ満杯に埋まったスタンドには、広島サポの歓声ばかりが響き渡った。

 ボール支配率は40対60。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)