フランクフルトがバイエルンに歴史的大勝。長谷部誠は刺激を受けた

フランクフルトがバイエルンに歴史的大勝。長谷部誠は刺激を受けた

フランクフルトがバイエルンに歴史的大勝。長谷部誠は刺激を受けたの画像

ブンデスリーガ第10節、フランクフルトがバイエルンに5-1と大勝した。国内チーム相手の敗戦は、1年で数えるほどしかない絶対王者バイエルンを相手に5得点だ。満員の観衆は熱狂に包まれた。試合終了から時間がたちスタジアムを離れても、トラムで、鉄道の駅で、酔っ払って歌い続ける人たちの姿が見られた。


バイエルンに大勝し、喜びを爆発させるフランクフルトの選手たち

 このカードの対戦成績を見ると、フランクフルトは2017−18シーズンのドイツ杯決勝でバイエルンに勝ったものの、リーグ戦では5連敗。2016年10月にホームで0−0だったのが最後の勝ち点である。大喜びするのも無理はない。

 今季のバイエルンは、こと国内リーグ戦では強さを発揮できていない。開幕戦でヘルタ・ベルリン相手に2−2とつまずき、第4節はライプツィヒと1−1、第7節にはホッフェンハイムにホームで敗れ、第8節ではアウクスブルクと引き分けたうえ、主力DFのニクラス・ジューレが前十字靭帯断裂の大ケガを負った。フランクフルト戦終了時点で4位。バイエルンにとっては事件と言えるほどの不振だ。

 だからこそ、試合前に「バイエルンがあまりよくない。ホームだし、チャンスはあるんじゃないかという話をしていた」と、鎌田大地は明かす。決して勝てない相手ではない、勝つなら今だという意気込みで試合に臨み、満員の大観衆がそれを後押しした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)