本田望結も奮闘。フィギュアスケートの次代を担うジュニア女子の争い

本田望結も奮闘。フィギュアスケートの次代を担うジュニア女子の争い

本田望結も奮闘。フィギュアスケートの次代を担うジュニア女子の争いの画像

西日本選手権に出場した本田望結

「アクセル(の失敗)は悔しいです。練習で苦手意識がついてしまっていて。ただ、(失敗の)理由はわかっているので、(気持ちは)モヤモヤはせず、悔しいだけで」
 本田望結は手を前に組んで、無念さを隠さずに言った。本業の一つである女優のように、拵えた表情ではない。本田は完全なる競技者として、その場に立っていた。
 11月2日、滋賀県立アイスアリーナ。西日本選手権で次代を担うフィギュアスケートのジュニア女子、ショートプログラムが午後1時半からスタートしていた。本田は4番目の滑走だった。
 ジュニア女子の試合は、午後5時近くまで続いている。
 約3時間半、少女たちが順番に入れ替わるように会場へ来ては去っていった。お化粧し、髪を整え、やや緊張した面持ちで会場にやってくる選手がいた。その一方、演技後は一人で悄然として去る者がいて、充実感を滲ませながら帰る選手もいた。光と影が同時にそこに浮かんだ。
 会場の外では、選手がそれぞれウォーミングアップを入念にしていた。マットを敷いて体幹トレーニングや柔軟体操をしたり、短いダッシュを何本も繰り返したり、イヤホンで外界と聴覚を遮断し、ジャンプの入り方を確認する。どれも不安を振り払い、自らを鼓舞するかのようだった。
 リンクが、彼女たちの”舞台”だ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)