吉田麻也が歴史的大敗を語る「相手の能力とテンポに対応できなかった」

吉田麻也が歴史的大敗を語る「相手の能力とテンポに対応できなかった」

吉田麻也が歴史的大敗を語る「相手の能力とテンポに対応できなかった」の画像

サウサンプトンが歴史的な大敗を喫したのは、10月25日のことだった。
 ホームにレスター・シティを迎えたサウサンプトンは前半10分に先制ゴールを許すと、失点直前のファウルで左ウィングバックのライアン・バートランドに一発退場が命じられた。

9失点を喫したレスター戦について吉田麻也が口を開いた

 試合開始直後にひとり少なくなり、ここからサウサンプトンは防戦一方に。今季ここまで3位につける好調レスターに前半だけで5点を奪われると、後半に4点を追加され、0−9の惨敗を喫した。
 ホームゲームでの敗戦としては、前身のフットボールリーグ時代を含めてイングランドのトップリーグ131年の歴史のなかでワースト記録となった。
 その屈辱的な試合で、吉田麻也は3−4−2−1のCB中央として先発していた。バートランドの退場処分直後には、吉田がラルフ・ハーゼンヒュットル監督の指示を仰ぎ、システムを5−3−1に変更。だが、サウサンプトンは攻められっぱなしの状態に陥り、17分、19分と立て続けにゴールを許した。
 さらに39分に4点目を奪われると、選手たちが一様に呆然と立ち尽くし、下を向いていたのが印象的だった。0−7で迎えた70分頃にはスタジアムを後にするサポーターの姿も目立ち始め、試合終了のホイッスルが鳴ると、空席の目立つスタンドからブーイングが虚しく鳴り響いた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)