米識者6人が井上尚弥の圧勝を予想もWBSS決勝で気をつけるべきこと

米識者6人が井上尚弥の圧勝を予想もWBSS決勝で気をつけるべきこと

米識者6人が井上尚弥の圧勝を予想もWBSS決勝で気をつけるべきことの画像

“運命のゴング”が間近に迫っている。

 11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催される、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級の決勝で、WBA、IBF同級王者の井上尚弥(大橋ジム)がWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)と統一戦を行なう。


ドネア戦に向けて調整を行なう井上

 WBSSでは圧倒的な形で勝ち続けてきた井上だが、過去に5階級制覇を成し遂げたドネアは、言わずと知れた軽量級の”レジェンド”。36歳になった今でも一線級の選手に近い力を保ち、「井上絶対有利」という声が多い中でも、後輩王者の攻略に自信を覗かせている。

 ボクシングファン垂涎のこの一戦を、アメリカの記者たちはどう見ているのか。大方の予想どおり、井上が強さを誇示するのか。それとも、ドネアに番狂わせのチャンスはあるのか。

 現地時間11月2日、ラスベガスで行なわれたサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)対セルゲイ・コバレフ(ロシア)戦の前後に、アメリカに本拠を置く6人の記者に3つの質問をぶつけてみた。このウェブ討論に参加してくれたパネリストの言葉から、軽量級の新旧スーパースター対決を展望してみよう。

【パネリスト】

●ダグラス・フィッシャー:『リングマガジン』の編集長。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)