なにわのド根性注入で帝京魂復活。「馴れ合い」排除で甲子園出場が近い

なにわのド根性注入で帝京魂復活。「馴れ合い」排除で甲子園出場が近い

なにわのド根性注入で帝京魂復活。「馴れ合い」排除で甲子園出場が近いの画像

もし野球の神が実在するなら、仕組んだとしか思えないカードだった。

 神宮外苑の再開発に伴い、58年の歴史を紡いできた神宮第二球場が今年いっぱいで閉場になる。神宮第二球場は神宮球場と隣接し、主に高校野球・東京大会の会場として使用されてきた。ゴルフ練習場としての顔もあるため、一塁側には3階建てのゴルフ練習ケージが並ぶ異色の球場として知られた。


神宮第二球場のラストゲームで活躍した帝京の主将・加田拓哉

 その最後の試合となる秋季東京都高校野球大会準々決勝。東京の高校野球界をリードしてきた帝京と日大三という両雄が激突したのだ。入場制限がかかるほどの大観衆がこのカードに押し寄せ、スタンド後方には立ち見客が幾重にも並んで熱戦を見守った。

「いい試合だったね……。たくさんのお客さんが入って、接戦になって(最後に)ふさわしい試合になった。ベンチで感心しながら見ていましたよ」

 試合後、そんな感慨を漏らしたのは帝京の前田三夫監督だ。試合は2対1で帝京が競り勝った。甲子園での通算勝利数は日大三が54勝(優勝3回)で、帝京は51勝(優勝3回)。実績は同格と言っていいが、近年の状況は対照的だ。安定して甲子園に出場して2018年夏には甲子園ベスト4に進出した日大三に対し、帝京は2011年夏を最後に甲子園から遠ざかっている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)