東海大が主力抜きで全日本制覇。箱根で史上最強メンバーが完成する

東海大が主力抜きで全日本制覇。箱根で史上最強メンバーが完成する

東海大が主力抜きで全日本制覇。箱根で史上最強メンバーが完成するの画像

東海大・駅伝戦記 第67回
前回の記事はこちら>>
 アンカーの名取燎太(3年)が5回、宙を舞う。大学生活で初めて味わう胴上げに笑みが止まらない。続いて両角速(もろずみ・はやし)監督が5回、宙を舞った。

 11月3日に行われた全日本大学駅伝は東海大が16年ぶり2度目の優勝を果たし、今シーズン初タイトルを獲得した。

「ヒヤヒヤしましたが最後、名取がよく走りました」

 両角監督は、そういって表情を崩した。


名取燎太がトップでゴールし、東海大が16年ぶり2度目の全日本大学駅伝優勝を果たした

 8区の名取は、トップを走る青学大の飯田貴之(2年)と2秒差で襷(たすき)を受けると、4キロ過ぎで並び、一気に勝負に出た。そこで飯田がついてこられず、勝敗は決した。

 レース後、両角監督は「流れ的には塩澤(稀夕/3年)が順位を上げてリセットできたこと。その次の西田(壮志/3年)の走りが大きかった」と語った。だが、レースが大きく動いたのは、4区の西田のあとだった。

 5区の市村朋樹(2年)がトップに躍り出て、6区の郡司陽大(4年)は区間賞の走りで貯金をつくった。7区の松尾淳之介(4年)は青学大の吉田圭太(3年)に詰められ、抜かれながらも、最後は粘った。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)