レッドブル・ホンダ、3位でも嘆き。戦略でも純粋な速さでも完敗だった

レッドブル・ホンダ、3位でも嘆き。戦略でも純粋な速さでも完敗だった

レッドブル・ホンダ、3位でも嘆き。戦略でも純粋な速さでも完敗だったの画像

レッドブル・ホンダが1カ月半ぶりに表彰台に上がった。

 予選はポールポジションから0.067秒差の3位。決勝はトップから5.002秒差の3位。その結果だけを見れば、シーズン後半戦に低迷していたレッドブル・ホンダの速さが復活したようにも思えた。


レッドブル・ホンダの速さが復活したように思えたのだが......

 しかし、チームの見方は違った。

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは表彰台のあとにもかかわらず、厳しい表情でこう述べた。

「対メルセデスAMGで見れば、今日は完全についていけない状況でした。1ストップと2ストップに分けてきた2台のメルセデスAMGに対して、我々は勝ったボッタスと同じ2ストップ作戦でしたが、2台ともに前に行かれてしまった。戦略的な問題というより、実力の差による結果かなと思います」

 メルセデスAMG勢と接戦を演じているように見えたが、実際は違った。

 早々にタイヤがタレて13周目にピットインしたマックス・フェルスタッペンに対し、メルセデスAMGは首位バルテリ・ボッタスが戦略を変更してピットインし、確実にフェルスタッペンの前を抑える作戦に出た。

 そして、3位のルイス・ハミルトンは1ストップ作戦のまま首位に浮上して走り続け、最終的に残り4周でボッタスが逆転して優勝。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)