エリザベス女王杯は4歳馬が手薄。勢いのある3歳馬でより有力なのは?

エリザベス女王杯は4歳馬が手薄。勢いのある3歳馬でより有力なのは?

エリザベス女王杯は4歳馬が手薄。勢いのある3歳馬でより有力なのは?の画像

11月10日、京都競馬場で3歳以上牝馬によるGTエリザベス女王杯(芝2200m)が行なわれる。

 このレースは、3歳牝馬三冠レース(GT桜花賞、GTオークス、GT秋華賞)を戦ってきた3歳馬と、4歳以上の牝馬の激突がテーマ。異なる世代のトップクラスの初対決で「どの世代が強いか」が大きな注目点となる。

 かつて、3歳牝馬限定レースだったこのエリザベス女王杯は、1996年から4歳以上の馬も出走可能になった。それ以降、昨年まで23回行なわれているが、3歳馬が8勝、4歳馬が10勝、5歳馬が5勝と、4歳馬が一歩リードしている。勝利しているのは3歳〜5歳馬までで、6歳以上は2着1回、3着1回(いずれも6歳馬)の未勝利だ。データ上では4歳馬がもっとも好成績となっている。

 しかし、近年の日本競馬の傾向を考えると、このデータを鵜呑みにできないところがある。現役最強馬であり、10月27日の天皇賞・秋(東京/芝2000m)でGT6勝目を挙げたアーモンドアイは4歳牝馬。そのほか、5歳牝馬リスグラシューは10月26日に牡馬混合のオーストラリアのGTコックスプレート(芝2400m)を勝利。同じく5歳牝馬のディアドラは、8月にイギリスのGTナッソーS(芝1980m)を勝利。この3頭はエリザベス女王杯に登録せず、今後も牡馬混合のGTレースに出走する。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)