チーム・ルマン、悲願のスーパーGT制覇を亡きエンジニアに捧げる

チーム・ルマン、悲願のスーパーGT制覇を亡きエンジニアに捧げる

チーム・ルマン、悲願のスーパーGT制覇を亡きエンジニアに捧げるの画像

2019年のスーパーGTシリーズ最終戦が11月2日、3日にツインリンクもてぎで行なわれ、今季の年間チャンピオンが決定した。GT500クラスの王者に輝いたのは、WAKO’S 4CR LC500(ナンバー6)の大嶋和也/山下健太組。さまざまな困難を乗り越えて、初の栄冠を掴んだ。


左から大嶋和也、脇阪寿一監督、山下健太

 WAKO’S 4CR LC500を駆るチーム・ルマンが最後にタイトルを獲得したのは、全日本GT選手権時代の2002年。当時ドライバーを務めていた脇阪寿一を2016年から監督として迎え入れ、新体制で王座奪還を目指してきた。

 脇阪監督が就任した1年目はコンスタントにポイントを獲得していくも、あと一歩及ばずドライバーズランキング2位。そこでの反省点を踏まえて2017年も快進撃を見せたが、最終戦のフォーメーションラップでアクシデントを起こしてしまい、後方への脱落を余儀なくされた。

 2018年にはエース大嶋の新パートナーとして、国内外で定評があったフェリックス・ローゼンクヴィストを獲得。開幕前のテストでチームはトップタイムを連発するなど絶好調で、チャンピオン候補としておおいに注目を集めた。

 しかし、そんなチーム・ルマンを大きな悲しみが襲う。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)