「黄金世代」から「黄金トリオ」へ。箱根連覇へ東海大の3年生が好調だ

「黄金世代」から「黄金トリオ」へ。箱根連覇へ東海大の3年生が好調だ

「黄金世代」から「黄金トリオ」へ。箱根連覇へ東海大の3年生が好調だの画像

東海大・駅伝戦記 第68回
前回の記事はこちら>>
 全日本大学駅伝は、東海大が16年ぶり2度目の優勝を飾った。

 青学大とアンカー勝負になり、名取燎太(3年)が4キロ過ぎに逆転し、そのまま逃げ切った。2位の青学大に1分44秒差をつける完勝だった。

 大会MVPを獲得するなど、今大会の主役の演じた名取をはじめ、塩澤稀夕、西田壮志の3年生トリオが各区間ですばらしい走りを見せ、優勝に貢献した。今や3人はチームの中軸となり、黄金世代に刺激を与えられる存在になった。まさに黄金世代ならぬ”黄金トリオ”の誕生である。


全日本大学駅伝制覇に貢献した(写真左から)塩澤稀夕、名取燎太、西田壮志の3人

 3区の塩澤が西川雄一朗(4年)から襷を受けた時は6位。トップを走る東京国際大との差は23秒だった。

 3区は激戦区で、2位をいく駒澤大は神戸駿介(3年)、4位の国学院大は藤木宏太(2年)、5位の青学大は神林勇太(3年)、そして11位と出遅れた東洋大はエースの相澤晃(4年)だった。

 塩澤は、出雲駅伝で相澤と同じ3区を走り、並走していくなかでその強さを肌で感じただけに、「いずれ前にくるだろう」と想定していたが、その時はすぐに訪れた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)