18歳の久保建英とロドリゴ。それぞれの「選択」が道を切り開く

18歳の久保建英とロドリゴ。それぞれの「選択」が道を切り開く

18歳の久保建英とロドリゴ。それぞれの「選択」が道を切り開くの画像

10月30日、スペイン大手スポーツ紙『アス』の一面を飾ったのは、レアル・マドリードの若きアタッカー、ロドリゴ・ゴエスだった。同日のレガネス戦に向け、堂々の先発予想だ。

 ロドリゴは、10月22日のチャンピオンズリーグ(CL)のガラタサライ戦で、カスティージャ(セカンドチーム)から抜擢される形で初めてトップで先発し、一気に注目を浴びた。

「先発は当日に言い渡されたよ。まったく予想していなかったから、驚いた。ドキドキしたけど、楽しめたよ」

 ロドリゴはそう振り返っているが、次のチャンスを確実にしたほどの働きだった。同胞のブラジル人で、ひとつ年上のヴィニシウス・ジュニオールを追い抜いた格好だ。

 日本代表の久保建英も、プレシーズンは同じ18歳のロドリゴとしのぎを削っていた。むしろ久保の方が評価は高かった。しかし、「2部B(実質3部)に在籍するカスティージャでプレーさせるのはもったいない」という流れになり、1部マジョルカへの期限付き移籍が決まった。


バジャドリード戦に先発、後半23分までプレーした久保建英(マジョルカ)

 久保はカスティージャに残るべきだったのか。結論から先に言えば、答えはノーだ。

 久保はマジョルカで先発を確保したと言えないが、出場時間を得ている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)