錦織圭いわく「修行に向かう仙人」。杉田祐一がスランプから脱出した

錦織圭いわく「修行に向かう仙人」。杉田祐一がスランプから脱出した

錦織圭いわく「修行に向かう仙人」。杉田祐一がスランプから脱出したの画像

「まあ……ちょっと……すごく難しいですが……」

 つぶやくようにそう言ったきり、長い沈黙が流れた。

 この1年半ほどは、どのような状態だったのか――?

 その問いに、彼は視線を泳がせて小さくうなると、「そうですね……。いや、ほんと大変でしたね」と、ようやく言葉を絞り出した。少ない言葉と沈黙の時間が、苦しい日々を逆説的に雄弁に物語る。


ストックホルム・オープンでは準決勝まで駒を進めた杉田祐一

 今年7月のウインブルドンで予選を突破し、本戦出場の切符を掴み取った時のこと。それは、当時ランキングを258位まで落としていた杉田祐一が、3大会ぶりに戻ってきたグランドスラムの舞台だった。

 2年前のこの時期、彼は間違いなく、日本テニス界のフロントランナーだった。

 2017年6月にアンタルヤ・オープンでATPツアータイトルを獲得した彼は、同年10月に世界ランキング36位に到達する。これは錦織圭に次ぐ、日本人歴代2位の記録。さらに当時は、錦織が手首のケガで戦線離脱していたこともあり、杉田は国別対抗戦等でエースの大役を担った。

 翌2018年1月の全豪オープンでも、杉田は初戦で当時世界8位のジャック・ソック(アメリカ)を破る。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)