井上尚弥、ドネア戦勝利で世界の中心へ。「壁」を乗り越える力も得た

井上尚弥、ドネア戦勝利で世界の中心へ。「壁」を乗り越える力も得た

井上尚弥、ドネア戦勝利で世界の中心へ。「壁」を乗り越える力も得たの画像

新時代を切り開こうとする怪物・井上尚弥の前に、5階級制覇の”レジェンド”ノニト・ドネアが立ちはだかった。

 11月7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級の決勝が行なわれたさいたまスーパーアリーナは、井上の強さを目撃しようと2万人を超えるファンが詰めかけた。そこで彼らが目にしたのは、勇敢に戦うレジェンドと、これまで見たことがないほど苦戦する井上尚弥の姿だった。「井上優位」という大方の予想に反し、どちらに勝利が転がってもおかしくないスリリングな打ち合いが繰り広げられたのである。それも、12ラウンドに渡って。


試合後、抱き合って健闘を称え合うドネアと井上

 井上は、WBSS決勝に辿り着くまでに「圧倒的な強さ」を見せつけてきた。

 2018年にバンタム級に階級を上げ、同年5月、10年間無敗を誇っていた当時WBA同級王者のジェイミー・マクドネル(英国)をわずか112秒でキャンバスに転がし、バンタム級が適正階級であることを示す。その約5カ月後のWBSS1回戦では、元WBA同級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を70秒でKO勝ちを収め、世界中のボクシングファンに大きな衝撃を与えた。

 そして、今年5月に行なわれたWBSS準決勝で、IBF同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒で戦意喪失に追い込んだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)