エリザベス女王杯は3歳GI馬が優勢も本格化した4歳馬に逆転を期す

エリザベス女王杯は3歳GI馬が優勢も本格化した4歳馬に逆転を期す

エリザベス女王杯は3歳GI馬が優勢も本格化した4歳馬に逆転を期すの画像

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 中央競馬は、今週のGIエリザベス女王杯(11月10日/京都・芝2200m)から年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)まで、8週連続のGI開催となります。

 その先陣を切るエリザベス女王杯は、秋の”牝馬チャンピオン”を決める一戦です。以前は3歳牝馬三冠のひとつでしたが、GI秋華賞(京都・芝2000m)が創設されて、3歳牝馬と古馬牝馬の実力馬が集う「秋の女王決定戦」という位置づけとなりました。そして、そんな3歳牝馬と古馬牝馬の、世代間の対決が例年クローズアップされます。

 ただ、ここ最近は時代が変わって、本当に強い牝馬は”牝馬限定戦”という枠にとらわれず、各々が思いどおりのローテーションを組んで、牡馬一線級が集うGI戦にも躊躇なく参戦するようになってきました。しかも、そこで人気となり、しっかりと結果を残しています。

 今年で言えば、GI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)で圧倒的な強さを見せたアーモンドアイや、今春のGI宝塚記念(6月23日/阪神・芝2200m)に続いて、オーストラリアのGIコックスプレート(10月26日/オーストラリア・芝2040m)を制したリスグラシューらがそうです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)