優勝を争うFC東京と崖っぷち磐田の差。一瞬のスキが勝敗を分けた

優勝を争うFC東京と崖っぷち磐田の差。一瞬のスキが勝敗を分けた

優勝を争うFC東京と崖っぷち磐田の差。一瞬のスキが勝敗を分けたの画像

J1リーグ第31節。最下位に沈むジュビロ磐田がホームに、初優勝を目指すFC東京を迎えた。お互いに目標は違うが、残留するため、そして優勝するために、勝ち点3がほしい試合だ。

 最初にチャンスを作ったのは磐田だった。前半2分、右からのクロスにアダイウトンがヘッドで飛び込むが、シュートは左にそれる。その後も磐田はFC東京を左右に揺さぶり、徹底してサイドから攻めて主導権を握る。

 その後、徐々にFC東京が中盤を制すようになり、前半15分、東慶悟の左からの折り返しを永井謙佑が反転してシュート。これはDF藤田義明にブロックされる。前半24分、FC東京にアクシデントが起きる。ルキアンと接触した渡辺剛が左足首を負傷し、岡崎慎と交代する。前半30分、室屋成の右からの折り返しを、中央でフリーのディエゴ・オリヴェイラがシュート。これは磐田GK八田直樹の好セーブに防がれる。

 前半の終盤になると、磐田が立て続けにチャンスを作る。42分に、右サイドからアダイウトンの縦パスを受けたルキアンが反転してシュート。これはFC東京GK林彰洋に阻まれる。さらに後半44分、左からの折り返しのセカンドボールを松本昌也がボレーシュート。これも林のフィンセーブに阻まれ、0−0で前半を折り返した。


首位奪還のFC東京と崖っぷちの磐田。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)