宮市亮、丸1年以上負傷なく連続出場。1対1にかける意気込みを語る

宮市亮、丸1年以上負傷なく連続出場。1対1にかける意気込みを語る

宮市亮、丸1年以上負傷なく連続出場。1対1にかける意気込みを語るの画像

ブンデスリーガ2部、ホームのザンクトパウリがボーフムと1−1で引き分け、宮市亮はフル出場した。


ボーフム戦にフル出場した宮市亮(ザンクトパウリ)

 長い間負傷に苦しんできた宮市だが、今季はここまでリーグ戦全試合に出場し、うち12試合はフル出場を果たしている。昨シーズンの序盤から試合に出られる状態に戻っており、9月のインゴルシュタット戦で途中出場すると、以後はコンスタントに試合に出ている。つまり、丸1年以上も負傷のニュースがない。

 珍しい話ではないが、宮市にとってはプロになって初めてのこと。そして、彼自身が何よりも望んでいたことでもある。とはいえ、いまの宮市は、それだけで満足というわけにはいかない。

 ボーフム戦で、宮市は得点に関わることはできなかった。ザンクトパウリはこれでドイツ杯を含めて6試合勝利がない。一部昇格を狙うチームとしては正念場である。

「今日も早い時間に失点しちゃって、前半のうちに1対1になってよかったですけど、ちょっと難しい試合だったかなと思います」

 この日は右MFで出場した宮市だったが、前半はいかんせんボールが回ってこなかった。宮市と縦の関係を作らなくてはいけない右SBのセバスティアン・オルソンが上がりすぎたことが、ボールの入らない原因のひとつだったという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)