なでしこは東京五輪へポジション争い激化。新参者CBが名乗りを上げた

なでしこは東京五輪へポジション争い激化。新参者CBが名乗りを上げた

なでしこは東京五輪へポジション争い激化。新参者CBが名乗りを上げたの画像

先月のカナダとの国際親善試合(〇4−0)に続き、今度はMS&ADカップで急成長中の南アフリカと対戦したなでしこジャパンは、2−0で勝利をおさめた。

 南アは球際にしぶとく、ターンも鋭い。さらに、中央に入れてから左右サイド奥を活用するカウンターには定評のあるチームだ。


熊谷紗希の相方としてセンターバックを務めた土光真代

日本がある程度ボールを保持することは予想されたが、「攻撃のビルドアップ改善」を掲げる現状で、なでしこジャパンは南アのパワーに混乱する場面もあった。ただ、マンマーク気味の南アの守備は、日本の攻撃陣にとっては好都合だったと言える。

 東京オリンピックの選手枠は18名。ここからの8カ月、毎回シビアな戦いになる。今年6月に開催されたワールドカップではケガ人が多数出て、ユーティリティプレーヤーの必要性を痛感した。もともと高倉麻子監督は、就任当時から複数のポジション兼務を求めてきたが、ここからオリンピックまで、その精度と組織力の向上が重要となってくる。

 南ア戦では、本来サイドハーフの遠藤純(日テレ・ベレーザ)が左サイドバックに入り、ボランチにはサイドバックの宮川麻都(日テレ・ベレーザ)が起用された。

 高倉監督はもちろん、先輩たちから「とにかく力を出し切ること」と、送り出された2人に対し、周りは献身的にサポートした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)