マンガのようにパスがつながる。永井秀樹とヴェルディの理想が現実に

マンガのようにパスがつながる。永井秀樹とヴェルディの理想が現実に

マンガのようにパスがつながる。永井秀樹とヴェルディの理想が現実にの画像

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(8)
(7)はこちら>>

この試合でハットトリックを達成した小池純輝


FC琉球戦で見せた
理想の「美しいサッカー」
 2019年10月12日(土)の、FC琉球戦。台風19号は本州各地で猛威を振るい甚大な被害をもたらしていた。それでも、試合会場のタピック県総ひやごんスタジアムには、前日入りした多くのヴェルディサポーターが応援に駆けつけ、スタンドで緑のフラッグを振っていた。

 永井は、ケガで離脱の山本理仁(りひと)の代わりに、リベロのポジションに梶川諒太を初起用した。フロントボランチには負傷明けの井上潮音とクレビーニョ。フリーマンには、普段はフロントボランチの森田晃樹を置いた。

 また、右のサイドアタッカーは、7月31日以来の先発となる澤井直人を起用した。この日も「誰が出場しても同じサッカーができることを目指す。どの選手も、2つ以上のポジションができるようになる」という方針に沿ってメンバーを組んだ。

「理仁の離脱はもちろん痛いけれど、梶川をリベロで試してみたい、というのは前から考えていた。澤井にしてもクレビーニョにしても、どんなポジションでもできる能力はあると思うし、実際に、緊張感のある公式戦で経験を積むことで、選手としての幅も広がる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)