仲川輝人のゴラッソが証明する、日本代表「超」級のスピードと技術

仲川輝人のゴラッソが証明する、日本代表「超」級のスピードと技術

仲川輝人のゴラッソが証明する、日本代表「超」級のスピードと技術の画像

「スピードスター」なる言い回しがあるものの、サッカー界で、見るからに足が速い快足選手がスターとして大成した例はあまり多くない。日本代表史を振り返っても、岡野雅行以降、永井謙佑(FC東京)が登場するまで、長い時間がかかっている。

 世界に目を転じても、すぐに名前が思い浮かぶのは、大成することのなかったセオ・ウォルコット、アーロン・レノンといった元イングランド代表選手の名前だ。超一流選手で唯一と言いたくなる例外は、昨季をもって引退したオランダ代表のアリエン・ロッベンになるが、彼とて最大の武器は相手の逆、逆を突くドリブルだった。

 昨季、レンタル先のアビスパ福岡から横浜F・マリノスに復帰した仲川輝人に対しても、探りを入れざるを得なかった。50mを5秒台で走る快足を、ピッチ上に効果的に落とし込むことができるか。途中で伸び悩んでしまった前述のウォルコットらとの姿と重ね合わせながら、ここまで目を凝らしてきたが、現在、悲観的要素を楽観的要素が断然、上回った状態にある。


北海道コンサドーレ札幌戦に先発、4−2の勝利に貢献した仲川輝人(横浜F・マリノス)

 10月19日の湘南ベルマーレ戦で鮮やかなゴールを決めたものの、負傷で交代。11月9日に行なわれた北海道コンサドーレ札幌戦は、仲川にとって復帰戦だった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)