「倒れないファンタジスタ」オヤルサバルが新生スペイン代表を牽引

「倒れないファンタジスタ」オヤルサバルが新生スペイン代表を牽引

「倒れないファンタジスタ」オヤルサバルが新生スペイン代表を牽引の画像

今年10月、スペイン代表がユーロ2020本大会出場を決めた。

 かつて、スペインはシャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタという2人の「ボールの魔術師」を擁し、世界を席巻した。ほかにも、GKにイケル・カシージャス、DFにカルレス・プジョル、ジェラール・ピケ、カルロス・マルチェナ、ジョルディ・アルバ、MFにマルコス・セナ、シャビ・アロンソ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガス、そしてFWにダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス……。ユーロを連覇(2008年、2012年)したメンバーには、相応の豪華さがあった。

 しかし、いずれもすでにスパイクを脱ぐか、代表引退を表明している。はたして、時代を継ぐ新鋭選手は育っているのか?


ユーロ2020出場を決めたスペイン代表の主力、ミケル・オヤルサバル

 10月のサンセバスチャン。レアル・ソシエダのエースとして、背番号10をつけたミケル・オヤルサバル(22歳)が躍動していた。

 オヤルサバルは2016年5月、19歳で代表デビューを飾っている。ロシアワールドカップ後に発足したスペイン代表では、すでに主力のひとりだ。ユーロ出場を決めたスウェーデン戦でも2トップの一角として先発してフル出場。チームを牽引している。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)