兎澤朋美が走り幅跳びで東京パラ内定。素顔は研究熱心な「質問魔」だ

兎澤朋美が走り幅跳びで東京パラ内定。素顔は研究熱心な「質問魔」だ

兎澤朋美が走り幅跳びで東京パラ内定。素顔は研究熱心な「質問魔」だの画像

東京パラリンピックの出場枠がかかった、パラ陸上の世界選手権がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれ、大会6日目の11月12日、女子走り幅跳びT63(義足など)で兎澤朋美(日本体育大学3年)が4m33で銅メダルを獲得。4m13で4位となった前川楓(チームKAITEKI)とともに、東京パラリンピックの代表に内定した。


初めての世界選手権で、兎澤朋美は走り幅跳びで銅メダルを獲得した

 今大会は各種目4位以内に入った選手の国や地域に、東京パラリンピックの出場枠が与えられ、日本選手の場合は規定により代表候補にも内定する。もう一人、日本から出場した村上清加(さやか/スタートラインTOKYO)は3m63で7位だった。

 兎澤は1回目の跳躍で4m29の好記録をマークすると、2回目には4m33まで伸ばした。自己ベストの4m44には届かなかったが、試合後は、「もっと上の記録を狙っていたので残念なところはありますが、銅メダルと東京(パラリンピック)の出場内定を獲得できて、よかった。監督やコーチのおかげです」と安堵の表情を見せた。

 初めての世界選手権。「緊張した部分もあった」と言うが、「普段の練習を本番で実践すること」を心がけ、目標を達成した。

 翌13日にはT63の女子100mにも出場し、6位に入賞。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)