かつての天才少女・森田あゆみ。幾度の手術と失意も「テニスが好き」

かつての天才少女・森田あゆみ。幾度の手術と失意も「テニスが好き」

かつての天才少女・森田あゆみ。幾度の手術と失意も「テニスが好き」の画像

「もう、忘れちゃいますね……」

 彼女はそう言うと、求める答えを探すかのように、虚空に視線を泳がせた。

 その口調や仕草は、まるでこの1週間の食事メニューを思い出すかのように、ごく自然で力みがない。だが、彼女が今、振り返ろうとしているのは5年を数える年月であり、幾度にも及んだ手術とリハビリの歴史である。

 かつての”天才少女”の森田あゆみは、今年、29歳を迎えていた――。


安藤証券オープンに出場していた森田あゆみ

 森田が世間の耳目を集めたのは、15歳の時だった。

 この年にプロに転向すると、ジュニアのトップグレード大会「世界スーパージュニア選手権」でシングルス準優勝、ダブルスでは頂点へと達する。さらにその翌月の全日本選手権では、15歳8カ月にして賜盃(しはい)を抱いた。これは今も変わらず、大会史上3番目の年少記録である。

 活躍の場を世界に移してからも、彼女は着実に成長と進歩の足跡を刻んでいった。17歳にしてウインブルドン予選を突破すると、18歳を迎えると同時にトップ100入りをも果たす。キャリア最高ランキングの40位に達したのは、2011年10月。21歳の時だった。

 だが、そこからの数年間、数字的には伸び悩みの時期が続く。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)