公務員試験合格→和歌山県庁内定。それでも御嶽海が角界を選んだわけ

公務員試験合格→和歌山県庁内定。それでも御嶽海が角界を選んだわけ

公務員試験合格→和歌山県庁内定。それでも御嶽海が角界を選んだわけの画像

向正面から世界が見える〜
大相撲・外国人力士物語
第5回:御嶽海(2)

 先場所の大相撲秋場所(9月場所)で2度目の優勝を果たした関脇・御嶽海。

“ここ一番”の勝負強さに加えて、明るいキャラクターで人気の御嶽海は、20歳の時に日本国籍を選択しているが、日本人の父とフィリピン人の母との間に生まれたハーフ。フィリピンで生まれ、幼少期はフィリピンで過ごしていた。その後、現在も実家がある長野県で暮らすことになって、相撲と出会う。

 本場所となれば、実家のある長野から母マルガリータさんを中心とした大応援団が頻繁に駆けつけ、熱烈な応援で御嶽海を後押ししている。

 九州場所でも注目を集める御嶽海。そんな彼の知られざる”実像”に迫った――。

        ◆        ◆        ◆

 フィリピンで生まれた僕は、4歳になると、日本の長野県に行くことになりました。フィリピンを離れる時は、本当に寂しかったことを覚えています。

 日本の子どもって、家に引きこもってゲームばっかりでしょう。長野の田舎ですら、みんなそうだった。山道を自転車で走り回っていたのは、僕を含めた2、3人くらいなもので、フィリピンみたいに”みんなで遊ぶ”っていうのがない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)