DeNAラミレス監督が采配を語る。筒香の穴埋め、打順問題、投手起用

DeNAラミレス監督が采配を語る。筒香の穴埋め、打順問題、投手起用

DeNAラミレス監督が采配を語る。筒香の穴埋め、打順問題、投手起用の画像

DeNAラミレス監督のシーズン総括 前編

 今シーズンを、セ・リーグの2位で終えた横浜DeNAベイスターズ。クライマックスシリーズ(CS)では、同3位の阪神に1勝2敗で競り負けたものの、2年ぶりのAクラスに入った。

 来シーズンに就任5年目を迎えるアレックス・ラミレス監督は、今シーズンの結果をどう捉えているのか。昨年に続いて采配の疑問について質問すると、相変わらずの紳士的な口調でそれに答えてくれた。


インタビューに答えるDeNAのラミレス監督

――DeNAの監督に就任してからの4シーズンで、3位、3位(日本シリーズ進出)、4位、2位という成績を収めました。あらためて、ラミレス監督が思う「監督業の難しさ」を聞かせてください。

「『何が難しいのか』をパッと挙げるのが難しいくらい、監督業はハードでチャレンジの連続です。選手だった時は自分のことを中心に考えればよかったのですが、監督はチーム全体、すべての選手を把握しないといけない。もちろん、相手チームの研究も必要ですし、試合では目まぐるしく変わる状況に対応して決断を下さないといけませんからね。とくに就任1年目は、選手たちに自分の考えを理解してもらうことに苦労した記憶があります」

――具体的に、どういった苦労があったのでしょうか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)