チチパス優勝で世代交代は加速する。錦織圭は来季復活なるか正念場だ

チチパス優勝で世代交代は加速する。錦織圭は来季復活なるか正念場だ

チチパス優勝で世代交代は加速する。錦織圭は来季復活なるか正念場だの画像

ATPファイナルズの優勝トロフィーを掲げるチチパス。初出場で見事初タイトルを勝ち取った

 男子プロテニスツアー最終戦、Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン)の決勝で、ステファノス・チチパス(6位、ギリシャ)が、ドミニク・ティーム(5位、オーストリア)を6−7、6−2、7−6で破り、ツアー最終戦初出場で初優勝を成し遂げた。2時間36分を要し、ファイナルセットのタイブレークまでもつれた決勝は、2019年の最後を締めくくるにふさわしい名勝負となった。

 チチパスの21歳3カ月での初優勝は、大会史上6番目の若さでの戴冠となる。

「ファイナルズに参加できた経験が自分にとっては大きなことだったのに、今、自分がチャンピオンになって優勝トロフィーを手にできたのは、本当にすばらしいこと」(チチパス)

 これで2019年シーズンのツアーでの個人戦は終了したが、今季を振り返る時、いわゆるテニスの”ビッグ3”の存在抜きではもちろん語れない。

 33歳のラファエル・ナダル(1位、スペイン)が、ローランギャロス(全仏)とUSオープン、32歳のノバク・ジョコビッチ(2位、セルビア)が、オーストラリアンオープンとウインブルドンで優勝して、グランドスラムタイトルを2つずつ分け合う形になった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)