井上尚弥の世界戦略シナリオを予想。「禁断カード」など次戦の相手は?

井上尚弥の世界戦略シナリオを予想。「禁断カード」など次戦の相手は?

井上尚弥の世界戦略シナリオを予想。「禁断カード」など次戦の相手は?の画像

11月7日、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝で井上尚弥(大橋ジム)がノニト・ドネア(フィリピン)を激闘の末に下した直後、井上とトップランク社との複数年契約が発表された。世界最大級のプロモーターの力を借り、日本が生んだ”モンスター”は本格的にアメリカ進出を開始する。まだ26歳の王者の前には、無限の可能性が広がっている。


WBSS決勝の翌日、世界地図のアメリカを指さして撮影に応じた井上

 今後、井上はどんな相手と戦っていくことになるのか。今回は来春以降に激突する可能性があるボクサーをピックアップし、”世界戦略”のシナリオを予想してみたい。

【対立王者】
・WBC王者 ノルディ・ウバーリ(フランス/33歳/17戦全勝(12KO))
・WBO王者 ゾラニ・テテ(南アフリカ/31歳/28勝(21KO)3敗)

 WBA、IBFのタイトルを保持する井上がもっとも期待されているのは「統一戦路線」だろう。そこで最大のターゲットになるのは、ウバーリ、テテというふたりのサウスポー王者だ。

 ウバーリが所属するMTKグローバル、テテを抱えるフランク・ウォーレン・プロモーターはどちらもトップランク社と提携関係にあり、井上とのマッチメイクは非常に容易。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)