難病のFC岐阜前社長がJ3降格も「県に必要なクラブになった」とエール

難病のFC岐阜前社長がJ3降格も「県に必要なクラブになった」とエール

難病のFC岐阜前社長がJ3降格も「県に必要なクラブになった」とエールの画像

FC岐阜前社長・恩田聖敬
Jリーグクラブへの伝言 2019特別編
前編〜昇降格とクラブライセンス〜

『FC岐阜J3降格』。

 ついにこの日がやってきました。

 スポルティーバの読者の皆様、ご無沙汰しております。FC岐阜を運営する、株式会社岐阜フットボールクラブの前社長で、現在は株式会社まんまる笑店の社長を務める、恩田聖敬です。ALS(*筋萎縮性側索硬化症)を罹患しております。

今シーズンFC岐阜の全試合を見に通い詰めた長良川競技場にて


『FC岐阜』と『降格』。この二つは一心同体のような関係です。具体的に歴史を振り返ってみましょう。

 J2リーグが今の形、つまり全22チーム42試合となったのは2012年シーズンからです。またこの年から、下部リーグ(2012年、2013年はJFL、2014年からはJ3)との入れ替え制度が始まりました。

 J2の下位2チームが降格対象となり得るのですが、制度が導入された後のFC岐阜の順位は、21位、21位、17位、20位、20位、18位、20位、そして今シーズンが最下位22位と、8年間で6度もギリギリの残留争いを演じています。社長が変わっても、監督・コーチが変わっても、選手が変わっても、残留争いをすることになるのは一向に変わりません。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)