難病の前社長がFC岐阜に提言「今こそ育成型クラブに舵を切るべき」

難病の前社長がFC岐阜に提言「今こそ育成型クラブに舵を切るべき」

難病の前社長がFC岐阜に提言「今こそ育成型クラブに舵を切るべき」の画像

FC岐阜前社長・恩田聖敬
Jリーグクラブへの伝言 2019特別編 
後編〜真の『育成型クラブ』を目指して〜

前編はこちら>>

 後編は、私の昔話から始めたいと思います。

観戦する場所はいつも同じバックスタンド真ん中という恩田氏


 私が社長をしていた2014年シーズンのアウェイでのコンサドーレ札幌(現在の北海道コンサドーレ札幌)戦、私は相手の選手紹介一覧を見て驚愕しました。選手の約半数がコンサドーレのユース(U-18)、ジュニアユース(U-15)、もしくは北海道出身だったからです。

 地元出身の選手を増やすことは、私の社長時代の悲願でした。私の社長当時は4人の岐阜県出身の選手がおり、出身市町村はそれこそ市町村をあげて応援してくれました。社長として選手起用に口出ししたことは一度もありませんが、この4人についてだけは「大事に育ててください!」と強化部に伝えていたほど、私は岐阜県出身にこだわっていました。

 近年、コンサドーレは2016年にJ2の1位でJ1に昇格し、以後残留争いを演じることなく安定してJ1に留まり、今シーズンはYBCルヴァンカップにおいて準優勝を果たしました。私は、この強さの秘密は地元出身の選手へのこだわりとしか思えないのです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)