最強・仲川輝人。優勝争う3チームで随一の決め手を持つ横浜FMが奪首

最強・仲川輝人。優勝争う3チームで随一の決め手を持つ横浜FMが奪首

最強・仲川輝人。優勝争う3チームで随一の決め手を持つ横浜FMが奪首の画像

横浜F・マリノスが、ついに首位を捉えた。

 J1第32節、前節終了時点で首位に立っていたFC東京が、湘南ベルマーレと1−1で引き分け。その一方で、2位の横浜FMは、松本山雅に1−0で勝利した。

 この結果、勝ち点3を手にした横浜FM(勝ち点64)は、勝ち点1を加えるにとどまったFC東京(勝ち点63)をかわし、今季初めて首位に立った。

仲川輝人(中央)のゴールで勝利した横浜F・マリノス

「すばらしい試合だった」

 横浜FMを率いるアンジェ・ポステコグルー監督が口にした賛辞は、大袈裟でも何でもない。横浜FMは終始ボールを支配して試合を進め、ボールを失っても、素早い守備への切り替えと力強いプレスで、すぐにボールを奪い返した。松本に攻撃らしい攻撃をさせない理想的な試合展開を振り返り、ボランチのMF扇原貴宏が語る。

「(相手を敵陣に)押し込めていたし、(選手同士の)距離感もいいので、ボールを失う場所がよかった。(攻撃から守備へ)切り替えやすかった」

 松本の反町康治監督も、「(選手は)最後までファイティングポーズをとってやってくれた」と選手を称えつつ、「だが、最終的にゴール近くまでいける回数が多かったかというと、そうではなかった」と、完敗を認めるしかなかった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)