淡白さが消えたFC東京。執念のドローをハッピーエンドにつなげたい

淡白さが消えたFC東京。執念のドローをハッピーエンドにつなげたい

淡白さが消えたFC東京。執念のドローをハッピーエンドにつなげたいの画像

これが優勝を争うチームの重圧だろうか。

 6連敗中で残留争いに苦しむ湘南ベルマーレをホームに迎えた一戦。FC東京のパフォーマンスからは、キレや勢いといったものが感じられなかった。


森重真人の執念のゴールでFC東京は引き分けに持ち込んだ

「僕もそうだけど、チームとして硬くなってしまっていた」

 キャプテンの東慶悟が明かしたように、平常心で臨むことが難しい試合であったのだろう。残り3試合の段階で再び首位に立ち、悲願の初優勝が目前に迫るなかで平静にプレーするのは、たとえプロであっても簡単なことではないのだ。3カ月ぶりのホームゲームという舞台装置も、あるいは気負いを促す一因となったかもしれない。

「代表組がいつもよりも疲れがあるかな、というのは否めない」

 長谷川健太監督が指摘したように、永井謙佑、橋本拳人、室屋成の日本代表トリオが、疲労により普段どおりのパフォーマンスを発揮できなかったことも、原因のひとつである。

 ただし、FC東京が苦しんだのは、湘南の対策がうまくハマったことが最大の理由だろう。

「相手の2トップはすばらしいスピードを持っていて、はっきりした特徴がありました。それに対して、スペースを消して引いて守るのか、ハイラインで制御しながら戦うのか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)