騒然の「マトリックス投法」も。神宮で見つけた地方リーグの個性派たち


「大学ジャパンの4番になることは、大学に入ってずっと目標にしてきたことです。日の丸の4番になった選手が、高い確率でドラフト上位指名を受けてプロに進んでいるのを見てきているので」
 北国の大砲・赤尾は3度目の候補合宿でも、力強いフルスイングでアピールするつもりだ。

高速チェンジアップが武器の城西国際大のエース・中島隼也

 今春の大学選手権ではベスト8、秋の明治神宮大会ではベスト4と躍進したのは、城西国際大(千葉県大学リーグ)である。立役者はエース右腕の中島隼也だ。
 中島は決して驚くような速球を投げるわけではないが、巧みな投球術で相手打線をかわしていく。とくに効果的なのは、速い球速帯ながら大きな落差で沈むチェンジアップ。もはや大学球界では「中島といえばチェンジアップ」というイメージが定着しつつある。
 千葉市シニア、仙台育英と通じて1学年先輩だった郡司裕也(慶應義塾大→中日4位)と大会期間中に対面した際、中島は「高速チェンジアッパーの中島じゃん」と声をかけられたという。
 チェンジアップは高校3年春から投げ始めたが、空振りが取れるまで威力を増したのは、大学に入ってからだという。
「握りは人差し指と薬指で挟んで、中指は軽く添えるだけ。握りは高校時代から変えていないんですけど、今までテークバックで右ヒジが下がりがちだったのを上げるようにしたら、よく落ちるようになりました」
 明治神宮大会では初戦の広島経済大(広島六大学リーグ)戦に先発登板。

関連記事(外部サイト)