騒然の「マトリックス投法」も。神宮で見つけた地方リーグの個性派たち

当時、唐津商の吉冨俊一監督は谷口のフォームについて、こう語っている。
「谷口はもともと伸び上がるクセがありまして、伸び上がることを『我慢しろ』と伝えていたのですが、どうしても右ヒザが伸びることが改善できませんでした」
 大学進学後、谷口は自分のフォームを変えようと考えていた。「変則ではなく、自然な形にしたかった」という谷口だったが、九州産業大の大久保哲也監督から「そのままのほうがいい」と助言を受ける。変則フォームを自分の特長として生かすべきだと説かれたのだ。
 それ以来、谷口は「フォームについて考えないようになりました」という。だが、本人も無意識のうちに、フォームはどんどん大胆に変容していった。いつしか、上体を大きく反らす今のフォームに行き着いた。打者からは「タイミングが取りづらい」と評されたが、谷口としてはその効果は「狙ったわけじゃない」という。
「本当はもっと違うふうにしたかったんですけど、うまくできなくて……。それでどんどん変わっていったという感じです」
 チーム内やリーグ内では、もはや谷口のマトリックス投法は日常的な光景になっている。だが、全国大会ともなるとそうはいかない。今春の大学選手権は東京ドームで、明治神宮大会では神宮球場で、谷口がマウンドに立つたびにスタンドは騒然となった。谷口は登板後、「(スタンドの反応は)投げづらさはありましたけど、気にしないようにしました」と苦笑交じりに打ち明けた。

関連記事(外部サイト)