ドリブルの花形「シザーズ」。実はJFA会長も名手のひとりだった

ドリブルの花形「シザーズ」。実はJFA会長も名手のひとりだった

ドリブルの花形「シザーズ」。実はJFA会長も名手のひとりだったの画像

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第13回

ドリブルはサッカーのプレーのなかの一つだが、そのドリブルのすばらしさでファンを熱狂させ、喜ばせてきたスターがいる。自分の得意の型で相手DFを抜きまくった、名ドリブラーたちを紹介していく「ドリブル王選手権」。3回目は、フェイントといえばこれ、の「シザーズ」の使い手たちが登場する。

◆  ◆  ◆

<シザーズ王選手権(外→内またぎ)>

 シザーズはハサミのこと。サッカーのフェイントのシザーズは、足を外側から内側へ動かしてボールをまたぐものと、逆に内側から外側へまたぐものがある。近年は内→外のシザーズがほとんどだが、1970年代ごろまでは、ボールをまたぐフェイントといえば外→内のほうを指すことが多かった。


シザーズを混ぜた絶妙のドリブルが魅力だったルイス・フィーゴ

 外→内またぎのシザーズといえば一択。ロベルト・リベリーノしか思い浮かばない。ブラジル代表として1970年メキシコ大会、74年西ドイツ大会、78年アルゼンチン大会の3度のワールドカップ(W杯)で活躍した名プレーヤーだ。

 ほかにもこのフェイントを使う選手はいたが、リベリーノほど効果的な選手は当時も今も見たことがない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)