早明戦は明治に軍配。勝敗を大きく 左右したスクラム、FW力の差

早明戦は明治に軍配。勝敗を大きく 左右したスクラム、FW力の差

早明戦は明治に軍配。勝敗を大きく 左右したスクラム、FW力の差の画像

完敗だった。25年ぶりの全勝対決も、早大は7−36で明大に敗れた。実力差は歴然。何より選手が力の差を実感しただろう。ロスタイム。5本目のトライを奪われた早大はインゴールで円陣をつくった。

トライを許し、ガックリする早大と喜ぶ明大の選手たち


 アカクロジャージの輪がぎゅっと縮まる。スクラムハーフ(SH)の斎藤直人主将がこう、声を発したそうだ。

「これが、自分たちと明治との差だ。きょうは本当にわかったと思う。絶対、次の対戦でリベンジするぞ」

 12月1日。満員の2万3千人の観客で埋まった東京・秩父宮ラグビー場。試合直前、相良南海夫監督から「(この雰囲気を)楽しんでこい」と言って送り出された早大だが、そんな気持ちはすぐに吹き飛ばされた。

 序盤、相手自慢の強力FW(フォワード)の押しに耐え切れず、立て続けにスクラムで反則をとられた。FWの平均体重が相手の105kgに対し、早大は102kg。とくに左PR(プロップ)の横山太一(177cm・107kg)が明大の右PR笹川大五(186cm・118kg)のウエイトをもろに受けた。

 早大HO(フッカー)の森島大智が「ヒットでは負けていなかったんですが」と顔をゆがめた。実直、誠実な4年生。

「組んだ後の第二波というか、後ろからの重さで自分たちが落ちてしまった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)