原口元気はジレンマに直面。宮市亮は「どうしていいかわからない」

原口元気はジレンマに直面。宮市亮は「どうしていいかわからない」

原口元気はジレンマに直面。宮市亮は「どうしていいかわからない」の画像

原口元気にとって、ブンデスリーガ2部でプレーするのは2度目になる。最初は2017−18シーズンの後半だった。当時所属していたヘルタ・ベルリンで出場機会が与えられず、苦肉の策としてフォルトゥナ・デュッセルドルフでのプレーを選択した。ロシアW杯を半年後に控えており、原口にとっては試合に出続けることが何よりも必要だった。この選択は大正解だった。12試合に先発して1得点5アシスト。チームの1部昇格にも貢献した。

 今季は所属するハノーファーが2部に降格。原口はプレミアリーグでプレーしたいという目標をたびたび公言しており、夏には移籍の噂も報じられたが、具体的な移籍先は現れなかった。2部には2部の、1部とはまた違う厳しい戦いがある。


ザンクトパウリ戦にフル出場、厳しい表情の原口元気(ハノーファー)

 その原口が「一番、きつかった」というのが、6試合ぶりに勝利を挙げたザンクトパウリ戦だ。試合後のミックスゾーンで、原口は対戦したザンクトパウリの宮市亮に話しかけた。「めっちゃきつい。なにこれ? 一番きつかったよ」と、笑いながらではあるが、険しい表情を浮かべた。

 いかにも2部らしい試合内容だった。お互いに守備に人数をさき、ボールを奪ったあとは、意図の感じられないロングボールを蹴って、あとは前線に任せる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)