紀平梨花vsロシア4人。GPファイナル女子はスリリングな展開必至

紀平梨花vsロシア4人。GPファイナル女子はスリリングな展開必至

紀平梨花vsロシア4人。GPファイナル女子はスリリングな展開必至の画像

グランプリ(GP)シリーズ第6戦のNHK杯後、12月5日からイタリアのトリノで行なわれるGPファイナルの出場選手が決定した。シニアに昇格したばかりのロシア勢3人の旋風が吹き荒れる女子は、NHK杯優勝のアリョーナ・コストルナヤが「シーズン1年目ですべてのメダルが獲れればいいねと笑いながら話していたけど、実際にそれができてうれしい」と話していたように、彼女とアレクサンドラ・トゥルソワ、アンナ・シェルバコワの3人で全6戦を制した。


グランプイファイナルでは、ハイレベルなロシア勢と勝負することになる紀平梨花

 その3人のうち、コストルナヤとトゥルソワのレベルが少しだけ抜けている状況だろう。トゥルソワはGPシリーズ初戦となったスケートカナダで、フリーで3種類4本の4回転ジャンプを入れた構成の威力を発揮。最初の4回転サルコウで転倒しながらもフリー歴代世界最高の166.62点を出して、合計も歴代最高の241.02点にして初勝利を挙げた。

 彼女の弱点は、まだトリプルアクセルをプログラムに入れていないため、ショートプログラム(SP)で点を伸ばせないことだ。さらに2戦目のロステレコム杯のフリーでは、転倒した最初の4回転サルコウで回転不足を取られ、後半の3回転ルッツ+3回転ループでも転倒。得点は160.26点で、合計234.47点にとどまった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)