日本代表の選手層を厚くするために、強化試合をどのように戦うべきか

日本代表の選手層を厚くするために、強化試合をどのように戦うべきか

日本代表の選手層を厚くするために、強化試合をどのように戦うべきかの画像

福田正博 フットボール原論
■11月のベネズエラ戦で惨敗した日本代表。公式戦ではない親善試合とはいえ、多くの課題が浮き彫りとなった。この結果を、どのように糧にしていけばいいのか。元日本代表の福田正博氏が今回の敗戦を振り返る。


11月のベネズエラ戦大敗した日本代表

 11月のベネズエラ代表戦で日本代表は1−4で惨敗。W杯アジア2次予選で格下との対戦が続いていたこともあって、『勝って当たり前』という空気感もあったなか、目を覚まさせる結果になった。

 この試合、日本代表は新戦力発掘を目的にしたメンバー構成で挑んだが、大迫勇也や南野拓実、吉田麻也なども含めた現時点でのフルメンバーで戦っても勝てたかどうか。それほどベネズエラ代表は実力のあるいいチームだった。

 W杯ロシア大会でコロンビア代表に勝利したとはいえ、日本はもともと南米勢を苦手にしていて、過去のW杯通算では1勝1分け3敗。ただ、日本で開催する強化試合で対戦する時の南米勢は、飛車角落ちのメンバー構成だったり、コンディション面で調整不足だったりするケースもあるため、そうしたときは日本が勝つこともあった。

 そのため実力差が見えにくい部分もあるが、今回のベネズエラ代表はベストメンバーで、かつ万全の体調で対戦してくれた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)