紀平梨花に逆転のチャンスはあるか。調整失敗が響きまさかの6位発進

紀平梨花に逆転のチャンスはあるか。調整失敗が響きまさかの6位発進

紀平梨花に逆転のチャンスはあるか。調整失敗が響きまさかの6位発進の画像

グランプリファイナルのショートプログラムで6位発進となった紀平梨花

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル女子ショートプログラム(SP)。大会連覇を狙う紀平梨花はジャンプで失敗して得点は70.71点にとどまり、まさかの最下位発進となった。技術的なことが問題だったわけではなく、朝の練習から夜の試合までの待ち時間の過ごし方や時差ぼけなど、コンディション調整がうまくいかなかったと明かした。

「昼間にしっかり睡眠を取って体力を残しておかないといけなかったけど、それができずに夜になって疲れが出てしまったことが悪かった点だなと思っています。

 いつもだったら(時間がなくて)、用意とかをすごくパッパッとして、緊張する暇もなく、髪の毛とかメイクとかをやっていたんですけど、今日はかなり練習と試合の間に時間があって、夜の試合や朝の練習の復習のことをいろいろ考えたいと思って、ちょっと緊張してしまい、ほかにすることがないぶん、緊張に走ってしまった。目が覚めていて、ただ目をつむっていただけだったということで、睡眠で体力を温存しないとこれほど疲れるんだなと思いました」

 自らの調整の失敗が、試合本番でのジャンプミスにつながった。6分間練習ではそんなそぶりは見せなかったが、最初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の着氷がわずかに乱れた際に、体のコントロールがしっかりできていない様子がうかがえた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)