稲本潤一が明かす、ドイツW杯と南アフリカW杯は何が違ったのか

稲本潤一が明かす、ドイツW杯と南アフリカW杯は何が違ったのか

稲本潤一が明かす、ドイツW杯と南アフリカW杯は何が違ったのかの画像

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第11回
なぜ「史上最強」チームは崩壊したのか〜稲本潤一(3)

 2006年ドイツW杯、日本は初戦のオーストラリア戦でまさかの逆転負けを喫した。グループリーグ突破のためには、2戦目のクロアチア戦は、絶対に勝たなければいけない試合だった。

 前半は0−0。ハーフタイム、稲本潤一はジーコ監督に呼ばれて、後半からの出場を指示された。

「『やっと(出番が)来たか』って感じやったし、『やろう!』と思っていた。今までの気持ちをぶつけられるチャンスやなって思っていた」

 しかし後半も、両チームともに決め手を欠いて、0−0のまま試合が終わった。

 その結果が示す意味は、試合後にうなだれた選手たちの姿から、誰もが容易に理解できた。勝ち点1を得て、グループリーグ突破の可能性は残したが、最終戦の相手は”世界王者”のブラジルだ。その相手に2点差以上の差をつけて勝たなければいけないことは、最高難度のタスクだった。

 ブラジル戦、稲本にようやくスタメンの座が回ってきた。

「まあ、試合に出られたのはよかったけど、試合はどうにもならんかった。(日本が)先制したけど、すぐにブラジルにひっくり返されて、ボコボコにやられた(結果は1−4)。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)