久保建英がバルサ戦で証明。グリーズマンと代わってもやれる

久保建英がバルサ戦で証明。グリーズマンと代わってもやれる

久保建英がバルサ戦で証明。グリーズマンと代わってもやれるの画像

カンプノウで行なわれたスペインリーグ第16節、バルセロナ対マジョルカは、5−2でバルサの勝利に終わったが、内容にはスコア以上の開きがあった。相手が弱いのでなんとも言えないが、バルサのサッカーは徐々によくなっていることは確かなようだ。チャンピオンズリーグ(CL)でも優勝を狙えそうな上昇ムードが出てきた。

 アヤックスから加入したフレンキー・デ・ヨング、ようやくスタメン復帰を果たしたイヴァン・ラキティッチ、そしてセルヒオ・ブスケツの3人で組む中盤がなによりよかった。立ち上がりから、前線の3人(左からアントワーヌ・グリーズマン、ルイス・スアレス、リオネル・メッシ)の活躍を促すようなリズム感あるパス回しでゲームをコントロール。ボールロストが多いマジョルカの中盤と格の違いを見せつけた。

 先制点は前半7分。GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのキックを、巧みなランニングで抜けだしたグリーズマンが受けると、GKと1対1になり、鮮やかなチップキックで枠内に転がした。


バルセロナ戦にフル出場した久保建英(マジョルカ)

 久保建英がこの日初めて光ったのは、その前のプレーだった。右サイドでボールを受けると、少しカットインするようなアクションから、ゴール前へ切れ味鋭いクロスを送球。バルサの守備陣を慌てさせていた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)