村田修一が松坂世代を語る。松坂大輔にエール「限界まで投げ切って」

シュウ(村田コーチの愛称)にはみんな期待しているし、チームに影響を与えられる選手。交流戦はDHがあってチャンスもあるから頑張ろうよ』と言ってくれたんです。

 その言葉を受けて気持ちを入れ直し、交流戦から出番が増えて最終的には打率.262、14本塁打の成績でした。規定打席には達せず、そのシーズンで退団することにはなりましたが、それなりの結果を残すことができたと思います。サネの言葉がなければ、もうひと頑張りできずに『村田は完全に終わったな』と周囲に思われかねないシーズンでした。あの時のやりとりがなければ、今の自分の立ち位置も変わっていたかもしれません」

──続いては選手ではなく監督になるのですが、”松坂世代”で初めてプロ野球の指揮官となった平石洋介・前楽天監督(現ソフトバンク一軍打撃兼野手総合コーチ)については?

「PL学園高校と同志社大学でも主将を務めていたこともあって、リーダーシップに優れ、すばらしい野球観がある人物だと思っています。指導者になったのは僕のほうが遅いので、平石は目標であり、『いつか自分も監督に……』という希望を持たせてくれますね。
 ベイスターズでチームメイトだった藤田(一也/楽天)からは、『コミュニケーションをとても大切にする』と聞いています。

関連記事(外部サイト)