村田修一が松坂世代を語る。松坂大輔にエール「限界まで投げ切って」

僕が現役時代に、杉内(俊哉/現巨人二軍投手コーチ)と新垣(渚)の”同級生トリオ”がホークスに揃っていた時は、『どうやって打てばいいのか』と頭を悩ませました。でも、毅との対戦成績が一番よかったかな(笑)。今では、現役で頑張っているのは毅だけになったので、ひとつでも多く勝ち星を積み上げてほしいです」

──ちなみに、同じチームの指導者になった杉内コーチとはどんなやりとりをするんですか?

「杉内とは、投打とも『選手にガツガツ感がない』と話をします。一軍での経験数が少ないことも影響しているのか、二軍での結果で満足してしまう傾向があるのかなと思います。『もっと活躍して、一軍でプレーしたい』という意欲は、僕たちのほうがあったように感じるんです。突然一軍に呼ばれ、東京ドームの観衆5万人の前でプレーできる可能性は常にある。『その準備が本当にできているのか?』ということをより意識させるよう、来シーズンに向けて杉内やほかのコーチたちと試行錯誤していきたいと思っています」
──先日、世代の象徴である松坂大輔投手の、西武への入団が決まりました。村田さんからエールを送ってもらえますか?

「状態さえよければ、これまでの経験とスキルで勝てる投球ができるでしょうから、何よりケガをしっかり治すことが第一ですね。やはり大輔がこの世代のトップですし、彼がいたからこそ、僕を含めたほかの選手も奮起してプロの一軍で活躍できたんだと思っています。

関連記事(外部サイト)