村田修一が松坂世代を語る。松坂大輔にエール「限界まで投げ切って」

胸を張って、『俺が松坂だ!』という気持ちでマウンドに上がり続けてほしいです」

──少し先の話になりますが、松坂投手が現役を終えて指導者になった場合、適性があると思いますか?

「それはわかりません(笑)。僕もそうですが、やってみないとわからない部分が多いんです。思っていることが選手に伝わらないと指導者としては失格ですし、その勉強もしないといけない。そもそも、大輔が指導に興味があるのかもわかりませんからね。もしかしたら『野球から少し離れたい』と思うかもしれないですし。とにかく現役のうちは、ひとつのアウト、ひとつの勝利にこだわって限界まで投げ切ってほしい。『もう投げられません』となったあとに、大輔がどんな判断をするのかは僕も注目しています」

──最後に、村田コーチにとって”松坂世代”とは?

「周囲がどう言うかはわかりませんが、僕たちの世代で一時代を築き、プロ野球を引っ張ることができたと自負しています。みんなが集まれば『俺たち、頑張ったよな』と自信を持って言えると思います。僕らの世代でチームを結成したら、今でもけっこう強いんじゃないかな(笑)」

■村田修一(むらた・しゅういち)
1980年12月28日、福岡県生まれ。2002年ドラフト自由獲得枠で横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に入団。2007、2008年と2年連続で本塁打王に輝き、ゴールデングラブ賞を3度受賞するなど、横浜ベイスターズ、読売ジャイアンツで15年にわたり活躍。2018年はBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーし、そのシーズンをもって現役を引退。今季は巨人のファーム打撃兼内野守備コーチとして指導者の道をスタートし、来季からは二軍野手総合コーチを務める。

前へ 1 2 3 4 5 6 7

関連記事(外部サイト)