シメオネ監督も太鼓判を押すジョアン・フェリックスが学ぶべきことは

シメオネ監督も太鼓判を押すジョアン・フェリックスが学ぶべきことは

シメオネ監督も太鼓判を押すジョアン・フェリックスが学ぶべきことはの画像

ベンフィカの育成組織で、ポルトガルサッカー界の数々の記録を作ってきたジョアン・フェリックス。昨シーズン(2018−19年)のスタートから、ベンフィカのトップチームに登録された。


アトレティコでの1シーズン目をプレーするジョアン・フェリックス。彼の未来にかかる期待は大きい photo by Getty Images

 1部リーグデビューとなったのが、第2節ボアヴィスタ戦。残り2分からの出場だった。

 そして第3節で早くも1部リーグ初得点を記録する。しかもその記念すべき試合は、スポルティング相手にホームで行なわれたリスボンダービーだった。0−1とリードされる中、ジョアンは71分から出場。そして86分にチームを敗戦から救う貴重な同点ゴールを決めた。

 続く第4節は途中出場。第5節のアヴェス戦では初の先発出場。期待に応えて34分に先制点を決めている。華々しいデビューを飾りながらもルイ・ヴィトーリア監督のジョアンに対する起用は慎重だった。その後も控えや途中出場にとどめた。

 しかし19年1月3日、ベンフィカの監督がブルーノ・ラージに代わると、流れは変わった。ラージ監督は初采配となる第16節のリオ・アヴェ戦に、ジョアン・フェリックスを先発起用した。ジョアンも監督の期待に応えて2得点の活躍を見せた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)