2カ月強にわたり出番のない武藤嘉紀は誓う。「歯を食いしばるしかない」

2カ月強にわたり出番のない武藤嘉紀は誓う。「歯を食いしばるしかない」

2カ月強にわたり出番のない武藤嘉紀は誓う。「歯を食いしばるしかない」の画像

12月8日に行なわれたプレミアリーグ第16節ニューカッスル・ユナイテッド対サウサンプトン戦で、FW武藤嘉紀は6試合連続のベンチ外となった。

 これで、出場機会がなかったのは9試合連続。武藤が最後にピッチに立ったのは9月29日のレスター・シティ戦で、2カ月強にわたって出番がない。極めて厳しい状況が続いていると、そう言わざるを得ないだろう。


武藤嘉紀が最後にピッチに立ったのは9月29日

 しかも、チームは直近6試合で4勝1分1敗と絶好調で、順位を11位まで押し上げた。ロングボールとクロスボール主体の大味なサッカーを展開しているニューカッスルだが、シンプルゆえにハマったときは破壊力がある。劣勢にまわっても得意のセットプレーからゴールを奪えるのは強みで、フィジカルの強さを全面に押し出したサッカーで勝ち点を積み重ねている。

 武藤は、こうした志向を持つスティーブ・ブルース監督の構想から外れている。5−4−1の1トップに起用されているのは長身FWのジョエリントン。2番手は193cmのFWアンディ・キャロルで、3番手にスピードタイプのFWドワイト・ゲイルが続く。ブルース監督は「武藤の前に彼らがいる」として、武藤がCFの4番手であることを認めている。

 厳しい状況について、武藤は次のように語った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)