弟がドラ6でヤクルト入団。八戸学院大・武岡大聖が抱えた嫉妬と決意

弟がドラ6でヤクルト入団。八戸学院大・武岡大聖が抱えた嫉妬と決意

弟がドラ6でヤクルト入団。八戸学院大・武岡大聖が抱えた嫉妬と決意の画像

幼い頃からの夢を叶えると、弟は涙を流しながら兄に抱きついた。

「おめでとう……」

 なんとか言葉を絞り出したが、心に渦巻くネガティブな感情を拭いきることはできなかった。八戸学院大の武岡大聖(たいせい/3年)は、弟・龍世(りゅうせい)のプロ入りをなぜか心から祝福することができなかった。


プロ注目のスラッガーへと成長した八戸学院大の武岡大聖

 10月17日、プロ野球ドラフト会議。八戸学院光星(青森)に通う弟が、東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けた。名前が呼び上げられた瞬間、その場に集まっていた者は一斉に歓声を上げた。だが兄は、その現実を素直に受け入れられなかった。

「正直、弟よりも先に(プロへ)行きたかったという思いがあったので、うれしい気持ちの半面、悔しい部分もあって……もしかしたら、悔しさのほうが強かったかもしれないです」

 弟に嫉妬するなんて、それがどれだけ恥ずかしいことかわかっていた。それでも複雑な感情をコントロールできずにいた。そんな自分を情けなくも感じた。

 兄の大聖が野球を始めたのは、小学6年の時だった。

「それまでは父のソフトボールを見に行くぐらいで、とくにスポーツはやっていませんでした。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)